テレマークターン

自由に森を行くと、斜面を降りる場面も登場します。
坂を最短距離で滑らずに、自分で降りられる斜度を選べるように、坂を斜めに降りて、ターンをしながら進みます。

ヒールフリーの道具なら、テレマークターンで方向を変えられます。

ところで、スキー板を履かずに歩く時、走る時は、ふつう、踵から着地して、動作に従って、つま先へ方向に徐々に重心が移動して前へ進みます。
ところがテレマークターンでは、先につま先側に重心を乗せるのです。前進しながら、徐々に踵側へ重心を移して行くのです。
前に進んでいるのに、足裏の感覚は後ろへ戻します。オモシロイ仕組み!

さて、下記は練習中の初心者の体験的メモ。正しいかどうかは知りません。
教えていただいたことを思い出しながら、実際に私がやってみて、

あっ、できた…

そう感じたポイントの覚え書き。意識しなくても体が自然に動くようになる日が早く来ますように。

テレマークターン edochiana

テレマークターン「私の意識」編

テレマークターン 重心の軌跡

テレマークターン「重心の軌跡」編


降り積もる雪は心のトリートメント

Tweet about this on TwitterShare on FacebookPin on PinterestShare on TumblrShare on Google+Email this to someone